(12)精神疾患が一瞬にして正常へ 山田良子さん(仮名・54歳)

幻聴、被害妄想が「本当の自分」に目覚めることで消えた

今回ご紹介するのは、幻聴、被害妄想で入院もした方の幻聴、被害妄想が完治した実例です。

まじめに一生懸命生きてきた人が、誰かから中傷されたり、意地悪をされたりすると、それが重なるうちに細胞の記憶となってしまい、その記憶が、起きている時も夢のように蘇ってくることがあります。

それが、幻覚とか被害妄想という現象です。

しかし、細胞の記憶のもっと奥にある生命の愛を引き出し、本当の自分に目覚めることによって、夢から覚めるように一瞬のうちに、幻覚や被害妄想は消えていくのです。

それでは幻聴、被害妄想が消えた寛解者の方の体験をどうぞご覧ください。

====================================

山田良子さんは、幻聴や被害妄想といわれる精神的な病気にかかっていました。

彼女の娘さんがその時の状態を話してくれました。

「8 年ほど前から、そういう症状はあったんです。一時は回復して良くなっていたんですけど、また最近になって一層ひどくなったんです。

紙に「消えろ!」とか恐ろしいことを書いて家中に貼ったり、見えない相手に対して怯えながら闘っているんです。急に怒ったり、泣いたり、深夜にどこかに電話をかけたり、私たち夫婦を離婚させようとしたこともありました。

とにかく家に一人にはしておけない状態でした。

病院に入院してからも、かかってくる電話は毎回テンションが違って、とてもハイな時もあれば、次は物悲しそうだったり。

それでも病院はただ薬を飲ませていただけでした…」

そんな山田さんは、娘さんの勧めで「佐藤康行 真我メソッド」(YSメソッド)に臨みました。

そして生命意識を開くことのできた彼女の変化には、本当に目を見張るものがありました。

2日間集中カリキュラムを終えて、山田さんは早速娘さんに電話をしました。

「私、何にも不安がなくなったのよ!気にならなくなっちゃったのよね!」

全く別人のようになっていたお母さんの声を聞いて、娘さんが驚いたのはいうまでもありません。

そしてそれ以来、幻聴や被害妄想といった症状は完璧になくなってしまったのです。

関連記事一覧

PAGE TOP